義理の父が2年前に亡くなりました。

遺産相続がスムーズに完了した経験談
Hot Entry
遺産相続がスムーズに完了した経験談

義理の父が2年前に亡くなりました

このエントリーをはてなブックマークに追加

義理の父が2年前に亡くなりました。
年金生活だった義父でしたが、元々外出もしないし趣味も無くテレビがお友達の義父だったので、年金生活の割には貯金があった方だと思います。
義父が亡くなり、最初にしなければならないのは遺産相続でした。
遺産相続で、実の兄弟の仲が悪くなってしまうという話をよく耳にしていたので、何だか遺産相続は気が進みませんでした。

しかしながら、父の遺品整理をしていると、思いもよらないものが見つかったのです。
それは「遺言書」でした。

貯金は兄弟で均等に分けることと、土地建物は家を継ぐ者が相続することと書かれていました。
父が遺した家に住むことが条件でした。

早い話が、ご先祖様の御守をしていく者が土地家屋を相続すると記されていました。
確かに、土地家屋を兄弟で分けてしまうと、売却しなければ兄弟で分けられないということになるので、遺言書のお陰で遺産相続がとてもスムーズに出来ました。

Copyright (C)2017遺産相続がスムーズに完了した経験談.All rights reserved.