両親は共に比較的長生きでした。

遺産相続がスムーズに完了した経験談
Hot Entry
遺産相続がスムーズに完了した経験談

両親は共に比較的長生きでした

このエントリーをはてなブックマークに追加

両親は共に比較的長生きでした。
母親は90歳、父親は98歳で他界しました。
父は医者から100歳まで生きると太鼓判を押されていましたが、母が亡くなってから急激に体力が衰え、2年後に後を追うように亡くなりました。

遺産相続は、母、続いて父と2回経験しましたが、どちらもスムーズに完了しました。
それも、私を含めた子供4人が、配偶者ともども大変関係が良好だからだと思います。勿論、両親に大した遺産がなかったことが一番大きな理由です。

母の遺産は、母名義の預貯金と株式のみでした。
子供4人が相続放棄をして、全て父親が相続することで落ち着きました。
異を唱える者は誰もいませんでした。
父が亡くなった時は、もう少し複雑でした。
父は事業をしておりましたので、借金もありました。

しかし、兄が父の事業を引き継ぐことになっていましたので、相続放棄はしませんでした。

意外と堅実なタイプだった父は、金塊まで持っておりましたので、それらを紙幣価値に換算すると、全部で2,000万円くらい残してくれました。
借金も含めて事業を兄が引き継ぐということで、他の兄弟3人はそれぞれが現金200万円を受け取って、遺産相続が完了しました。

Copyright (C)2017遺産相続がスムーズに完了した経験談.All rights reserved.