数年前、祖父が亡くなった時の事です。

遺産相続がスムーズに完了した経験談
Hot Entry
遺産相続がスムーズに完了した経験談

数年前、祖父が亡くなった時の事です

このエントリーをはてなブックマークに追加

数年前、祖父が亡くなった時の事です。
祖母は既に他界し、祖父には私の母も含めて3人の娘と息子が1人います。
私の母は姉妹のうちの3女で、祖父の暮らす東京とは遠く離れた関西で生活しています。次女と長男もそれぞれ別の地域に住んでいますが、長女だけは東京に住み、介護が必要だった祖父の面倒を長い間、看ていました。
その為、母と次女は長女にとても感謝していて、祖父の遺産は長女がより多く受け取るべきだと考えていましたが、長男である私の叔父はそれに猛反対していました。

ついに祖父が亡くなってしまい、私の母は、祖父の遺産の事で相続人である兄弟の意見が衝突するのではと、とても心配していました。

しかし、遺品の中から祖父の遺言状が見つかったのです。
そこには、長女には最も多くの額を与え、残りの兄弟たちには均等な額の分配をすると書かれてありました。

祖父は自分の亡き後の事を心配し、不自由な体で遺言状を一生懸命作成したのだと思います。もしも、祖父が遺言状を遺してくれなかったら、相続人は全員で遺産分割協議を行わなくてはならず、そこでは意見の衝突もあったかもしれません。
しかし、遺言状があったお陰で、私の叔父も納得し、トラブルにはなりませんでした。

祖父のお陰でスムーズな相続ができたと、母だけでなく私たち孫も祖父に感謝しています。

Copyright (C)2017遺産相続がスムーズに完了した経験談.All rights reserved.